2016年5月28日土曜日

インクジェットの詰め替え(染料顔料まぜてもいいのか)

前のプリンタのために購入したキャノンの詰め替えインクも残っていていろいろ
考えてしまいました。

今我が家では LC12カードリッジを使っています。
このカートリッジを分解したところ
詰め替え用のタンクとして使えることがわかりました。

必要な道具は薄目のピンセット
森泉ちゃんも持っている3mmのドリル あとはエレコムの詰め替えインクのシリコンキャップ(流用)です。
たぶん皆さま持っていると思います。
捨ててしまっていたら、買えばいいのです。

染料と顔料まぜていいのか、よくわからないので
インク交換の際に、洗浄カートリッジを挟んでつかっています。
洗浄カートリッジを使っていると時もほぼ同じいろで印刷できます。
私は、色がうすくなって来たら洗浄カートリッジを外そうと安易に考えていたのですが
プリンタの中に残っているインクが、カートリッジに逆流してくるくらいで
2-3日を目安に洗浄カートリッジを普通のカートリッジに変更してます
今まで2年くらいつかっていますが、問題なしです。



まずはピンセットを用意します
爪は2か所にあり、写真の下側のほぼ同じ位置にも
爪があります、この部分にピンセットを差し込み、下がわの
引っかかっている爪を中心軸にして回転するように開くと
簡単にひらきます
背面のこの部分に3mmの穴をあけ、そこにエレコムの詰め替え
インクについてきたシリコンキャップをはめておしまいです。




これでいままでいんくつまったことありません。
印刷の頻度は、月に一回WEB領収証を印刷するように注意
しながらつかっています。





後ろにあるのは使っていない古いキャノンのプリンタ
捨てないと、、







0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

なぜ海外船籍クルーズ船は韓国に寄港するのか

クルーズは楽しいし、高齢になっても楽しめる、しかし日本人を招かねざる客とする国に 自分の金を落としたくはない。 海外船籍のクルーズ船は日本船籍のクルーズよりも安価です。 しかし、なぜか日本国内を周らず、釜山とか、ロシアの知らないところに寄港します。 なんでか調べてみ...