2016年5月29日日曜日

無償ツールだけでP2V XPを仮想環境に移動する(1)

P2V XPを仮想環境に移動する でしらべてから
ご無沙汰。

さて調べなおしで、毎晩さまよっていたら
virtual boxが MSのVHDのファイルが読めることがわかりました。
Disk2VHD というツールの存在を確認
https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/ee656415.aspx
サイズの制限とかもあるけど、それをvirtualboxで読めるのか読めないのかは
わからずじまい。

注: Virtual PC でサポートされている仮想ディスクの最大サイズは 127 GB です。これより大きなサイズのディスク作成した VHD には、Virtual PC の VM からアクセスできません。

VirtualPCではサイズ制限があるようだけど virtualBoxについては書かれていないから、
取り敢えずダウンロードしてやってみました。


Window10に XPのOSを接続 Win10を起動して  
VHDを作成し 
VirtualBoxで起動 見事、 失敗です。

XPがbootしてきたあとに、セーフモードかどうするか聞かれて、
そのまま上げると、懐かしいXP画面とプログレスバーがでて
停止してしまいました。。

いろいろかんがえたんだけど、、、
bootの順番を間違えた時に、 この新しいPC+XP HDDでの起動に失敗しました。
Athron のPCのOSデータはWindowsCPUには移行できないのかも、、

次にできそうなのは、
もう一台のXP(これはIntelCPU) 
1)NT Backupを作成してから virtualBoxへ
  NT Backupはベアメタルリストがができないことがわかりました。
  Acronis True Imageの無償ダウンロードで対応予定です。
2)Disk2VHD 再度(これは違うXPのOSデータ) HDDのつなぎ変えでNewPCでXP
  起動確認ずみ。

本当はOS-CDをから新規インストール、 アプリケーションも入れなおしたいけど
OS-CDもアプリのCDもなく、なにもできません。
部屋掃除したらでるかなぁ



前に
 


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

なぜ海外船籍クルーズ船は韓国に寄港するのか

クルーズは楽しいし、高齢になっても楽しめる、しかし日本人を招かねざる客とする国に 自分の金を落としたくはない。 海外船籍のクルーズ船は日本船籍のクルーズよりも安価です。 しかし、なぜか日本国内を周らず、釜山とか、ロシアの知らないところに寄港します。 なんでか調べてみ...