2016年6月30日木曜日

ラゲッジスケール

旅行に行った先に、荷物が増えて制限超えそうなとき
どうしてますか?

以前は 1割くらいは大目にみてくれてるけどいまは厳しいみたいです。
かといってラゲッジスケールを持っていけばいいのだけど、帰国時に使うだけだし、
スーツケースから出して、秤ってからまた入れて、、、
考えるだけで面倒だったのですが、
それに重量オーバーになったことがないので気にしなかったのですが、、、

アマゾンでラゲッジスケールを調べるとたくさんあるんですが

なんか欲しくなくて、

先日スーツケースのベルトが壊れてベルトを探していたら
素敵なものを見つけました。
スーツケースベルトとラゲッジスケールが合体したものです
TSA付ベルト+ラゲッジスケール = 2650円 だったので
購入しました。



いまはこんなに安価なのはなくて 同じ機能で4000円くらいらしいです。


大事に使わなば、、、でもスーツケースベルト 4-5回旅行で必ず
壊れているのは、私だけ??

あっ、書いていて気が付いた。
ラゲージスケールとTSAベルトの別運用がランニングコスト安いかも。。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

なぜ海外船籍クルーズ船は韓国に寄港するのか

クルーズは楽しいし、高齢になっても楽しめる、しかし日本人を招かねざる客とする国に 自分の金を落としたくはない。 海外船籍のクルーズ船は日本船籍のクルーズよりも安価です。 しかし、なぜか日本国内を周らず、釜山とか、ロシアの知らないところに寄港します。 なんでか調べてみ...