2018年7月11日水曜日

マクロで帰ろう

自分のメモ書きで書いているのだけど、 このブログで一番アクセスされているのは
結局 ”エクセルだけで差し込み印刷”のブログでもう2年位経過しているけど
順調にアクセスされている、 あの時はVBAを書いたことがなくてとりあえず
書いてみたのだけどいまだにアクセスされダウンロードされている。

最近いろいろさらに書くようになり今は、エクセルでできることはすべてマクロにできるとまで言い放っている(笑い)。

さていままで書いたものを公開しようと思うのですが
  • Outlookメール一括送信
    本文おんなじ、宛先が違うメールを大量送信する仕事を人間がすするの? まちがえるじゃないか、同じような機能の販売されているソフトやフリーソフトを見つけましたが、 ご送信防止機能はないみたいです。
    • エクセルに会社ごとの 宛先アドレス、会社名、件名、本文、アタッチメントフォルダを書いておく 
      マクロボタンでアウトルックを呼び出し 会社ごとにメールが作られ送信される
    • 追加機能、指定メールドメイン以外のドメイン名がアドレスに入っていたらメール送信しません。
  • EDIのための並べ替えマクロ
    お客にお願いしたエクセル、フォーマットに従い、CSVやエクセルで発注してくれたら受注システムにアップロードできるのに、してくれない場合の汎用並べ替えマクロ
    • 並べ替え なんで一列目が会社名なの、日付に置き換えてしまえ!  
    • マッピング うちの送付先コードはちがいますかぁー 人に代わって入れ替えよ 
    • 削除 そんな文字読めません、いらない文字列がをセルから除く、マクロの書けないあたなも一緒に!さくじょ
    • 合体 必要な文字列が別のセルに、たまには気持ちよく合体したい
    • 上記の作業をプログラムの書けないグラマーな美人さんでも簡単に設定できる汎用マクロ
  • Oltlook会議室予約
    Outlookメール送信の拡張、書けそうなのは分かったけど、まだ書いていない
さぁ、どれがほしいですか?

そして ”だれでも使えるエクセルだけで差し込み印刷” のアルゴリズムを 今 たったいま思いつきました。
フォーマットを作るだけ! ならできない人いないと思います。
書いてみたい人いませんかねぇ




2018年6月20日水曜日

ブラザー刺繍ミシン USBがついたら、、、

以前つかっていたのは
イノビス α80
データは刺繍カードを購入したり、ハートスティッチーズDLでデータを作っていた。
両方とも専用のUSBカードにデータをミシンに入れて刺繍できていた。

新しいFE1000を購入問題発生 がっかりポイント多数

  1. ハートスティッチーズDLで作ったデータはミシンで読めない 専用USBはWindows10 ではデバイスドライバが無いので読めないし書けない
  2. 一番面倒なのは糸カセット
    刺繍ミシンは糸を頻繁に交換するのだけど、糸カセットが2つあれば
    刺繍している間に、次の糸をカセットに入れて、ぬい終わればカチャンと押し込めば
    糸交換、針に糸を通すのまで終了。後はぬうだけ。
     ”簡単いととうし”になったけど、簡単じゃない、あっちに糸を通して
    糸調子の横のばねを通すのを確実にやらないと糸調子がむちゃくちゃで
    上糸は使われず下糸だけで縫い上げてくれます。 いと調子ダイアルで調整できません。最初壊れていつのかと思ったけど、冷静に説明書読み直し。”糸を両手で持って”通さないとうまくいかない、、、  これ昔のミシンに戻ってる、、
    天秤はプラスティックのカバーの中で見えないし、、、逆にやりにくいし、
今回は刺繍カードという資産があったからブラザーにしたけど、、
刺しゅうPRO10なんていう 本体と同じ価格のソフトを購入しなくても
自由にデータが作れることを知ってしまった、次はどこのメーカーにしようかなぁ
  

注目の投稿

マクロで帰ろう

自分のメモ書きで書いているのだけど、 このブログで一番アクセスされているのは 結局 ”エクセルだけで差し込み印刷”のブログでもう2年位経過しているけど 順調にアクセスされている、 あの時はVBAを書いたことがなくてとりあえず 書いてみたのだけどいまだにアクセスされダウンロー...