2016年5月22日日曜日

エクセルだけで差し込み印刷(3-1)

エレガントなコードは書けないけど、仕事が簡単になればいいじゃないか?早く、自分にもどろう。

 3-1) 表示されているレコードをフォーマットに埋め込みレコード毎にbookを作成
   見えないものはBookを作りません、なのでbookを作りたくないときが非表示にするかフィルタを使ってください。
    

エクセルのデータはリストシートに書く。
A6から書き始める。 このセルを起点に使いマクロを動かす
6行目に書くのは項目、自由に変更可能


ひな形は Format1 に作成 ( 見た目なので好きに変更可能 )
リストシートの日付を Format1のD10,D15,F15 Cellに書き込んで そのbookを 日付フォルダの中に作成します。 





カスタマイズするのに必要な知識はマクロの中のこの部分のみ

       'Format1 D10に リストの A7の内容を移動
         .Range("D10").Value = ActiveCell.Offset(0, 0).Value
        'Format1 D12に リストのA7から指定セルを移動するために 上下方向0, 右方向に1移動
         .Range("D12").Value = ActiveCell.Offset(0, 1).Value
         .Range("F12").Value = ActiveCell.Offset(0, 2).Value

アクティブセル(エクセルで選択したセル)の内容をFormat1に書込む
起点となる アクティブセルに対してどれだけ動かすか指定するのが
    ActiveCell.Offset(0, 0) :  オフセットの指定は(上下、左右) 



動かしてみてください。Formatはあなたの美的センスでなんとでもなるでしょう。

エクセルファイルはここにあります

リリースして気が付いた、印刷機能がないですね。 book作成機能が欲しかったので
先に作っちゃいました。 印刷はたぶん簡単だと思う。


前へ  次へ



---

Sub book作成()

'画面のちらつきを防止する
Application.ScreenUpdating = False

'リストワークシートを選択する
Worksheets("リスト").Activate

'リストワークシートのセルB6をアクティブセルにする
Range("A6").Select
  

    'ユニークファイル番号の設定、ブックを作成するときの番号を1から順につけるために必要
    uFile = 0
    
    ' Save Directory の パス設定
    パス = ActiveWorkbook.Path ' カレントパスの取得
    SaveDir = パス & "\" & Format(Date, "yyyymmdd")
    ' カレントパス,日付のフォルダがある場合はフォルダ削除して再度作成
    If Dir(SaveDir, vbDirectory) <> "" Then
        Dim FSO As Object
         Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
        FSO.DeleteFolder SaveDir
        Set FSO = Nothing
        MkDir SaveDir
    Else
        MkDir SaveDir
    End If
   
   'ループの開始
   Do
   'アクティブセルを1つ下に移動する A7になる
   ActiveCell.Offset(1, 0).Select

   '空欄であれば、プログラムを終了する
   'Trim関数は前後のスペースを消去する
   If Trim(ActiveCell.Value) = "" Then
      Exit Do
   End If

   '非表示セルは対象としない
   If ActiveCell.EntireRow.Hidden = False Then

      'Format1 シートにリストの内容を繁栄される
       With Worksheets("Format1")

       'レコードの先頭セルを選択
       'Format1 D10に リストの A7の内容を移動
         .Range("D10").Value = ActiveCell.Offset(0, 0).Value
        'Format1 D12に リストのA7から指定セルを移動するために 上下方向0, 右方向に1移動
         .Range("D12").Value = ActiveCell.Offset(0, 1).Value
         .Range("F12").Value = ActiveCell.Offset(0, 2).Value
         
       'レコードの最終セルであれば、Format1シートをsaveする
           Sheets("Format1").Select 'シートをアクティブにする
          ' ユニークファイル番号の設定
          uFile = uFile + 1
          
          '名前重複排除 別名を作成 フォーマットは 1-D12-F12.xls とする
          別名 = SaveDir & "\" & uFile & "-" & Range("D12") & "-" & Range("F12") & ".xls" 'パスと拡張子を付ける
          Sheets("Format1").Copy 'シートを新規ブックへコピー ※1
          ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=別名, FileFormat:=XlFileFormat.xlExcel8   '別名を付けてブックを保存する
          ActiveWorkbook.Close '別名ブックを閉じる
          
          Sheets("リスト").Select  ' リストシートをアクティブにする
       
          End With

    End If

   'ループの終了
   Loop

End Sub




0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

ブラザー刺繍ミシン USBがついたら、、、

以前つかっていたのは イノビス α80 データは刺繍カードを購入したり、ハートスティッチーズDLでデータを作っていた。 両方とも専用のUSBカードにデータをミシンに入れて刺繍できていた。 新しいFE1000を購入問題発生 がっかりポイント多数 ハートスティッチーズ...