2018年4月29日日曜日

刺繍ミシン データ作成ソフト stitch era universal 使い方

昨日インストールした
stitch era universal tutorial
$24 どこまでできるか

3000円もしないツールだけど、なんか 7-8万円するツールに
遜色なし(ブラザーのソフト使ったことないし、調べてもないけど)

1週間でどこまでできるか、まず基本的な使い方が分からないので
調べたら、時代は変わったのね
ユーチューブにのってるのでとりあえずみてから操作
画像取り込みをして刺繍データが作成できることが分かりました。

見つけたのは 
こっちは情報が古いけど、短いビデオでいい感じ
https://www.youtube.com/watch?v=FRu1dFnzYYs&list=PLPTq2nmVZoy9GA6FXziqq5XMgOlMLwrqV

こっちは 現行バージョンで 1本動画
https://www.youtube.com/watch?v=mAoEkxJVSBs



学習したての情報
  • PCの画像をSNIPで取り込みキャッシュから画像貼り付け
  • 選択ツールの使い方
  • スティッチの方向決め
  • 糸の密度の調整 

やりたいことができるのが簡単にできると分かったので、飽きてしまった。
いつもの癖、、、

まずは文字を取り込んで、
刺繍マシン動かさねば

の前に コーヒー飲まねば



0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

マクロで帰ろう

自分のメモ書きで書いているのだけど、 このブログで一番アクセスされているのは 結局 ”エクセルだけで差し込み印刷”のブログでもう2年位経過しているけど 順調にアクセスされている、 あの時はVBAを書いたことがなくてとりあえず 書いてみたのだけどいまだにアクセスされダウンロー...